京都市下京区  林歯科診療所へようこそ

林歯科診療所下京区西部にある地域密着型の歯科医院です。

皆様に隅々まで行き届いた感染予防による安全な歯科医療、マイクロスコープや拡大鏡・歯科用CTを応用した確実な歯科医療、そして日頃の研修による鍛錬の成果である最先端の歯科治療を提供しております。

林歯科診療所JR山陰線丹波口駅徒歩12分、駐車場完備。七条七本松にございます。

お口にお悩みのことなどございましたら、お気軽にご来院ください。

当院が最も大切に力を入れている治療

京都市下京区林歯科診療所 歯周病
京都市下京区 虫歯予防

診察時間/Consultation time

 

午前

8:30~14:00

8:30~12:00まで

午後

16:00~19:00

13:30~17:00

【〇:診療あり  -:休診】

※ 診療時間:土曜は毎週8:30~12:00・13:30~17:00

 

当院の最終受付時間は各最終診療時間の30分前までとさせていただいております。

また土曜日の診療時間は公務が多く不定期にかわりますので、電話にて直接お問い合わせください。

 

初めての方はこちらをご覧ください。

 

京都 林歯科診療所 カレンダー

スマホでご覧の方へ:スマホを横向きにすると、カレンダーを見やすくなります

 

京都の歯医者林歯科診療所 院長日記 (ブログ)

2月22日(木)・23日(金)休診のお知らせ ()
誠に勝手ながら2月22日(木)・23日(金)の診察を経腸静脈栄養学会出席のため、全日休診させていただきます。より質の高い臨床を提供できるよう鍛練を積んで参りますので何卒ご理解・ご協力のほどよろしくお願いいたします。
>> 続きを読む

2月17日(土)休診のお知らせ ()
誠に勝手ながら2月17日(木)の診察を研修のため、全日休診させていただきます。皆さまには大変ご迷惑をおかけいたしますがより質の高い臨床を提供できるよう鍛練を積んで参りますので、何卒ご理解・ご協力のほどよろしくお願いいたします。
>> 続きを読む

林歯科診療所の新着情報

歯を抜けたままにしておくと・・・

 こんにちは、歯科衛生士の藤田です。

寒い日が続きますが体調など崩されていませんか?

インフルエンザが流行っていますが、手洗い、うがい、歯磨きで予防しましょう!!

ところで、歯周病やむし歯などで歯を抜いて、そのままにしている方はいませんか?

そのままにしておくと・・・・

 

その1、

歯にかかる力が偏り、歯が痛む。

 

その2、

歯がのびて、咬み合わせが変わってしまう 

 

その3、

横の歯がどんどん傾いて、歯並びが変わってしまう。

続きを読む

RAMPAの見学に行ってきました

こんにちは!

歯科技工士の菅原です。

寒い日が続いておりますがいかがお過ごしでしょうか。

私は毎年この時期風邪をひいてしまうので、対策としてこまめに水分を取るように心がけ、マスクをして寝ております!

みなさんも体調に気を付けて暖かくしてお過ごしくださいね!

 

先日、院長とスタッフ3人で東京のランパバイオブロック専門の医院に見学に行ってまいりました。

ランパとは顎顔面矯正の事で、歯をきれいに並べる矯正治療とは異なり、上顎とその周りの骨格を好ましい方向に3次元的に誘導する装置を用いて治療します。

顎が正しい方向に成長すると歯並びや顔貌が良くなるだけでなく、不思議なことに種々の体の不調和が良くなっていくことも多いです。

続きを読む

新年のご挨拶

新年あけましておめでとうございます。歯科衛生士の橋本です。

皆さまには、幸多き新春をお迎えのこととお喜び申し上げます。

ことしも院長、スタッフ一同精進してまいりますので

何卒よろしくお願い申し上げます。

続きを読む

テレビCMのこと

こんにちは、歯科衛生士の佐々木です。

クリスマスは皆さまどのように過ごされましたか?(*^-^*)

当院はあと2日半の診療を残すのみとなりました。ラストスパート、頑張りましょう!

 

 

さて、私たちは普段、患者様とお話している中で、歯磨き剤や歯ブラシ・歯間ブラシなどの商品について、テレビCMの情報が浸透しているな~と感じることがよくあります。

 

正しく解りやすい情報もあれば、購買意欲を湧かせるために有名人を使って過度な内容や誤解を与えるCMも多くあります。

 

 

よくある例だと‥

 

歯磨き剤の顆粒で歯周ポケット内の汚れをかき出す

  ⇒顆粒で汚れをかき出すことはできません!

   歯茎を傷め、歯も削れてしまいます。さらに顆粒は溶けずに

   ポケット内に残り炎症の原因になります。

細い毛先の歯ブラシでポケット内をお掃除できる

  ⇒毛先はポケット内へ入りませんし、力を入れて磨いても

   歯茎を傷めるだけです。

高価な歯磨き粉で歯茎を引き締めることができる

  ⇒ポケット内の歯石(菌)を除去しなければ、歯磨きだけでは

   歯茎を引き締めて歯周病を予防していくことはできません。

ゴムの歯間ブラシなら歯茎を傷めずに歯間の清掃ができる

  ⇒歯間につまった食べカスを押し出すにはいいのですが、

   ワイヤータイプーの歯間ブラシでないとヌルヌルのプラークが

   全部残ってしまいます。

洗口剤でうがいをすれば歯周ポケット内の菌を洗い流せる

  ⇒薬液はポケット内へ浸透しませんし、プラーク(菌)は

   ブラシやフロス・歯間ブラシでこすらないと除去できません。

入れ歯がガタガタするのを防ぐためには安定剤を使うとよい

  ⇒安定剤は長期間使用すると歯茎を溶かしてしまう害のある

   ものです。

   入れ歯は修理すれば安定させることができますので、

   ご来院ください。

 

 

年末年始、テレビを観る機会も多いと思いますので、普段何気に観ているコマーシャルも是非そういった目で観てみてください。

 

 

それでは皆さま、よいお年をお迎えください!

 

 

風邪・インフルエンザ予防

こんにちは、歯科衛生士の三浦です(^o^)丿

今年も残りわずかとなりましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか?

私は、年賀状の準備がまだなので少し焦っています・・・。

 

さて、今の時期は風邪やインフルエンザが流行りますよね!!

実は、「手洗い・うがい」以外にも予防方法がある事をご存知ですか?

 

続きを読む

アクセス・医院情報

住所: 〒600-8846 京都府京都市下京区朱雀宝蔵町14

電話:075-313-0024

 

詳しいアクセス方法はこちら