京都市下京区  林歯科診療所へようこそ

林歯科診療所下京区西部にある地域密着型の歯科医院です。

皆様に隅々まで行き届いた感染予防による安全な歯科医療、マイクロスコープや拡大鏡・歯科用CTを応用した確実な歯科医療、そして日頃の研修による鍛錬の成果である最先端の歯科治療を提供しております。

林歯科診療所JR山陰線丹波口駅徒歩12分、駐車場完備。七条七本松にございます。

お口にお悩みのことなどございましたら、お気軽にご来院ください。

当院が最も大切に力を入れている治療

京都市下京区林歯科診療所 歯周病
京都市下京区 虫歯予防

診察時間/Consultation time

 

午前

8:30~14:00

8:30~12:00まで

午後

16:00~19:00

13:30~17:00

【〇:診療あり  -:休診】

※ 診療時間:土曜は毎週8:30~12:00・13:30~17:00

 

当院の最終受付時間は各最終診療時間の30分前までとさせていただいております。

また土曜日の診療時間は公務が多く不定期にかわりますので、電話にて直接お問い合わせください。

 

初めての方はこちらをご覧ください。

 

京都 林歯科診療所 カレンダー

スマホでご覧の方へ:スマホを横向きにすると、カレンダーを見やすくなります

 

京都の歯医者林歯科診療所 院長日記 (ブログ)

9月15日(土)診察時間変更のお知らせ ()
誠に勝手ながら京都府歯科医師会の公務のため9月15日(土)の診察時間を下記の通り変更させていただきます。 8時30分〜13時 診察を希望される方は早めの時間に電話にてお問合せいただきますようお願い致します。
>> 続きを読む

9月13日(木)休診のお知らせ ()
誠に勝手ながら研修のため9月13日(木)の診察を全日休診させていただきます。皆様にはご迷惑をおかけいたしますが、より質の高い臨床を提供できるよう鍛練を積んで参りますので、何卒ご理解・ご協力のほどよろしくお願いいたします。
>> 続きを読む

林歯科診療所の新着情報

フッ化物について

 こんにちは、歯科衛生士の藤田です。

最近は気温も下がり、過ごしやすくなりましたね。

でも、季節の変わり目は風邪をひきやすいので気をつけて下さい

 では、今回はフッ化物についてお話いたします。

続きを読む

ヒューマンブリッジについて

こんにちは!歯科技工士の菅原です。

今年は巨大な台風が多くてびっくりします。。

これから秋にかけて増えると思われますので十分注意なさってください!

 

今回は接着性ブリッジ(ヒューマンブリッジ)についてお伝えしたいと思います。

 

続きを読む

岡崎好秀先生の本

 

 

こんにちは、歯科衛生士の橋本です。

毎日暑いですねー(*_*;

暑い中、当院にお越しいただき

ありがとうございます。

当院では、ウォーターサーバーで冷たいお水を

ご用意しております。ぜひ、ご利用ください!

ブルーの部分を上に上げるとお水がでます。


続きを読む

熱中症対策していますか?!

こんにちは、歯科衛生士の佐々木です。

全国的に記録的な猛暑続きですが、皆さまの体調はいかがでしょうか。

 

当院では、早朝からエアコンをフル稼働させていますが、夜間に熱された診療室が冷えるのにとても時間がかかります。

また、室内の場所によっては冷えすぎていることもあるかと思いま

すので、その際はご遠慮なくお声かけください(*^-^*)

 

 

さて、この猛暑から身体を守る対策を考えるうえで、知っておきたい大事なポイントを挙げましたので参考にしてみてください。

 

≪熱中症を引き起こす3つの条件≫

環境 室内や日陰でも、高温多湿・無風状態では熱中症の危険が高まります。

からだ 激しい労働や運動により体内に生じる熱や、暑さに対応できない体。

また、高齢者や乳幼児・肥満の方、糖尿病などの疾患、寝不足などの体調不良など。

行動 長時間の屋外作業、激しい筋肉運動、慣れない運動、水分補給できない状況など。

 

これら3つの要因によって、熱中症が引き起こされていきます。

 

 

≪対策として≫

室内でも温度や湿度を測る 特に高齢者は体温の調整機能が落ちてくるため暑さを自覚しにくく、体の熱を逃がす反応も遅れがちです。子どもも体が未熟なため調整機能は低いです。

水分を摂る これも高齢者は、体内水分量が減っているため脱水症状になりやすく、また脱水を感じにくく給水が遅れがちになります。水分量や時間を決めて摂ったり、水分を多く含む野菜など食事でも工夫してみましょう。利尿作用のあるお茶類ではなく、体にしっかりたまるお水や経口補水液がおススメです!

意外に入浴中や睡眠中も脱水しやすいので注意が必要です。

外出時の配慮 日傘や帽子、服装の工夫、休憩など意識しましょう。地面から近いベビーカーは高温になりますので要注意です。

周りの目 子どもや高齢者が気づきにくい分、周りの人が気にかけてあげてください。特に高齢者は気を使って我慢してしまう傾向があります。また、子どもの車内置き去りは短時間でも絶対にやめてください!

 

 

環境省 熱中症予防情報サイトより

http://www.wbgt.env.go.jp/heatillness.php

 

一般財団法人日本気象協会サイトより

https://www.netsuzero.jp/learning

 

 

以上、少しでもご参考になればと思います。

みんなで猛暑をのり切りましょう!

 

 

離乳食の与え方

こんにちは、歯科衛生士の三浦です(^^)/

毎日暑いですね~…。

京都市内にはかき氷屋さんがたくさんあるみたいなので行ってみようと思います(*^_^*)

 

今回は乳幼児期の離乳食の与え方についてお話いたします。

実は、噛んで飲み込む動作は生まれながら自然にできることではなく

学習と訓練で覚えていくものです。

そのため、乳幼児にとって食事はお口を正しく使うための訓練です。

親御さんは焦らずお子さんの食事と向き合っていただきたいと思います。

 

続きを読む

アクセス・医院情報

住所: 〒600-8846 京都府京都市下京区朱雀宝蔵町14

電話:075-313-0024

 

詳しいアクセス方法はこちら