新型コロナウイルス感染に対する対応

当院では開業以来、長きにわたって感染予防対策に心血を注いでまいりました。しかし昨今の新型コロナウイルス感染の流行に際して、従来の感染予防対策では当院の従業員並びに患者様への感染を防御できないと判断し、コロナウイルスのパンデミックを回避するためと再開後の感染予防対策の構築のため、4月18日から5月6日までの約3週間、休診させていただきました。

現在当院では下記の通り従来から続けている感染予防対策に新たに対策を加えて日々の診察に取り組んでおります。

 

林歯科診療所では以前より以下の感染予防対策をとっております。

  • 患者様毎での手袋の交換・廃棄
  • 加熱できる器具は全てオートクレーブで滅菌
  • 加熱できない器具でも薬液に耐え得るものはグルタールアルデヒドで滅菌
  • 薬液に浸漬できない器具はホルマリンガスでほぼ滅菌に近い消毒
  • ホルマリンガスにも曝せない器具は次亜塩素酸水で消毒
  • 診察室中、複数の加湿器で次亜塩素酸水を加湿
  • 一般的に滅菌が困難な歯石を取る道具(超音波スケーラー)もホルマリンガスで処理
  • コンプレッサーなどの吸気系とバキュームなどの排気系を完全に分離して、吸い取られた汚れた空気が診察室に戻らない
  • 各診察台に完備されたセントラル方式の口腔外バキュームで飛散した唾液や削紛などを屋外に排気
  • 複数の空気清浄機の配置
  • 歯科用診察台の回路を次亜塩素酸水で洗浄
  • 診察毎に次亜塩素酸水浸漬クロスで診察台の清拭

しかしコロナウイルスに対して上記だけでは不十分だと考え、以下の感染予防対策を休診前に追加しました。

  • 施術時のフェイスシールド着用
  • 窓の全面開放による常時換気
  • 受付・トイレにアルコール消毒剤を常備
  • 高濃度次亜塩素酸水を頻繁に噴霧
  • 待合室に設置している玩具や雑誌などの撤去
  • スタッフの検温や体調チェック
  • 人との接触機会を少なくするため、診察枠を1/3削減
  • 延期して問題ない患者様に対してご来院の延期を促すショートメールの発信
  • 長時間待合室に在室されるのを避けるため、空枠待ちの急患の受け入れを停止

さらに診療再開後、以下の感染予防対策を追加いたしました。

  • 施術時のガウン・帽子の着用
  • 受付に透明の防護スクリーン設置
  • 来院時に全患者様の検温を非接触体温計で実施
  • 非接触体温計で37度以上の発熱のある方には腋で再検温実施
  • 再検温でも37度以上の発熱のある方は来院を3週間以上延期
  • 玄関に足底を消毒するためのマットを設置
  • 感染予防対策の徹底のため従業員の雇用調整を行わなずに手厚い布陣で対応
  • 会計時の釣銭をオゾンガスで除菌

以上再開後、物資的・時間的・経営的に最大限、出来得る体制で日々の診察に取り組んでおります。

ここまで精一杯の対策を行っていても尚、不安に感じられ治療の延期を希望される方はご自身の判断でお決めにならず、先ずは当院まで電話やメールでご相談ください。

京都市下京区  林歯科診療所へようこそ

林歯科診療所下京区西部にある地域密着型の歯科医院です。

皆様に隅々まで行き届いた感染予防による安全な歯科医療、マイクロスコープや拡大鏡・歯科用CTを応用した確実な歯科医療、そして日頃の研修による鍛錬の成果である最先端の歯科治療を提供しております。

林歯科診療所JR山陰線 梅小路京都西駅徒歩7分、駐車場完備。七条七本松にございます。

お口にお悩みのことなどございましたら、お気軽にご来院ください。

当院が最も大切に力を入れている治療

京都市下京区林歯科診療所 歯周病
京都市下京区 虫歯予防

診察時間/Consultation time

 

午前

8:30~14:00

8:30~12:00まで

午後

16:00~19:00

13:30~17:00

【〇:診療あり  -:休診】

※ 診療時間:土曜は毎週8:30~12:00・13:30~17:00

 

当院の最終受付時間は各最終診療時間の30分前までとさせていただいております。

また土曜日の診療時間は公務が多く不定期にかわりますので、電話にて直接お問い合わせください。

 

初めての方はこちらをご覧ください。

 

京都 林歯科診療所 カレンダー

スマホでご覧の方へ:スマホを横向きにすると、カレンダーを見やすくなります

 

京都の歯医者林歯科診療所 院長日記 (ブログ)

5月30日(土)〜6月1日(月)休診のお知らせ ()
誠に勝手ながら研修のため5月30日(土)〜6月1日(月)の診察を全日休診させていただきます。 皆様には大変ご迷惑をおかけいたしますが、より質の高い臨床を提供できるよう鍛錬を積んでまいりますので何卒ご理解・ご協力のほどお願いいたします。
>> 続きを読む

5月16日(土)診察時間変更のお知らせ ()
誠に勝手ながら5月16日(土)の診察時間を下記の通り変更させていただきます。 8:30〜14:00 皆様には大変ご迷惑をおかけいたしますが、ご理解・ご協力のほどよろしくお願いいたします。
>> 続きを読む

林歯科診療所の新着情報

緊急事態宣言解除後の対応につきまして

こんにちは歯科衛生士の佐々木です。

この1ヶ月間ほどは皆が我慢の日々でしたが、一部の都道府県を除いて514日に、京都でも21日に緊急事態宣言が解除されました。本日中にも残り地域が解除される予定です。

 

当院では418日~56日までの間、休診し連休明けも患者様のご予約の人数制限をさせていただいておりましたが、この解除に伴いまして通常のご予約形態へ戻すことにいたしました。

ただ、まだ新型コロナウィルス感染が収束したわけではありませんので、「第2波」に備えるため以下の事柄につきましては継続いたします。

 

続きを読む

リスク管理の大切さ!

皆様こんにちは、歯科衛生士の三浦です。

今回、新型コロナウイルス感染拡大に伴い政府から緊急事態宣言が発令され4/18~5/6間休診させて頂きました。

当院では、様々な感染予防対策を「当院より徹底している歯科医院はないのでは?」と思うくらい行っておりました…。

しかし、歯科治療では歯を削ったり歯石を取る際には必ず水を使用し毎回水しぶきが舞い上がることで、患者様が感染するというよりは私たちが曝露するリスクが高く毎日不安な日々を過ごしておりました。

しかし、今回苦渋の決断ではありましたが院長が休診に踏み切りスタッフ一同ほっとしたと同時に、緊急事態が起こった際に患者様を含め私達スタッフの命を守るために決断してくれたことを誇らしく思い、感謝の気持ちでいっぱいになりました。

改めてリスク管理の大切さと当院に勤めて良かったと思いました。

休診中もスッタフ間でまめに連絡を取り合い、5/7からの診察スタートに向け院内感染について対策を練っておりました。

患者様に感染させない!自分自身も感染しないよう休診前よりもさらに体制を整えて診察いたします。そのため、引き続き緊急性のない治療に関しては延期して頂くと助かります。迷われている場合はお電話でご連絡いただきますようご理解とご協力お願いいたします。

 

今後、先がまだ見えない状況で不安な日々を過ごされているかと思います。日常がいかに幸せであったか…。

一人ひとりが外出を自粛することで早く収束してくれることを信じてこのピンチを一緒に乗り越えましょう!!

続きを読む

緊急事態宣言に伴う休診のお知らせ

政府の新型コロナウイルス感染症に対する緊急事態宣言に対して4月18日(土)~5月6日(水)を休診させていただきます。

様々な感染予防対策を講じてきましたが、至近距離で唾液などで暴露される我々歯科医療従事者の感染を防御しきれない状況です。

よって通院される患者様や当院の従業員の身の安全を保てないと判断し、上記の期間を休診させていただきます。

皆様には大変ご迷惑をおかけするのは重々承知の上ですが、生命の安全を優先させるためご理解いただきたと存じます。

4月18日(土)~4月25日(土)の月曜日から土曜日の9時から12時までは電話対応をさせていただきます。

また日頃から継続的に当院に通院されている患者様で、かつ著しく緊急性の高い場合につきましては応急対応をさせていくこともありますので、個別にご連絡ください。(ただし状況により応急対応も出来なくなる可能性がありますのでご了承ください)

 

皆様の命を守るために苦渋の決断で急遽休診させていただくことになったことについて、大変ご迷惑をおかけすることを深くお詫びの申し上げます。

コロナウイルスに対する対応

林歯科診療所では以前より以下の感染予防対策をとっております。

  • 患者様毎での手袋の交換・廃棄
  • 加熱できる器具は全てオートクレーブで滅菌
  • 加熱できない器具でも薬液に耐え得るものはグルタールアルデヒドで滅菌
  • 薬液に浸漬できない器具はホルマリンガスでほぼ滅菌に近い消毒
  • ホルマリンガスにも曝せない器具は次亜塩素酸水で消毒
  • 診察室中、複数の加湿器で次亜塩素酸水を加湿
  • 一般的に滅菌が困難な歯石を取る道具(超音波スケーラー)もホルマリンガスで処理
  • コンプレッサーなどの吸気系とバキュームなどの排気系を完全に分離して、吸い取られた汚れた空気が診察室に戻らない
  • 各診察台に完備されたセントラル方式の口腔外バキュームで飛散した唾液や削紛などを屋外に排気
  • 複数の空気清浄機の配置
  • 歯科用診察台の回路を次亜塩素酸水で洗浄
  • 診察毎に次亜塩素酸水浸漬クロスで診察台の清拭

しかしコロナウイルスに対して上記だけでは不十分だと考え、以下の感染予防対策を追加しております。

  • 施術時のフェイスシールド着用
  • 窓の全面開放による常時換気
  • 受付・トイレにアルコール消毒剤を常備
  • 高濃度次亜塩素酸水を頻繁に噴霧
  • 待合室に設置している玩具の撤去
  • スタッフの検温や体調チェック

しかしこれでも尚、当院ではコロナウイルスに対して不十分だと考え苦渋の決断ですが、患者様とスタッフを少しでもコロナウイルスからの感染から守るため患者様の数を減らす以下の取り組みを行っております。

  • 人との接触機会を少なくするため、診察枠を1/3削減
  • 全患者様に対してご来院の延期を促すショートメールの発信
  • 長時間待合室に在室されるのを避けるため、空枠待ちの急患の受け入れを停止

ここまでできる限りの対応しておりますが、それでも尚、当院はコロナウイルス感染を完全に防げる自信はありません。よって忸怩たる思いですが、それでも不安を感じられる方にはキャンセルの対応をさせていただきます。

 

適切なアルコール消毒の方法

こんにちは、歯科衛生士の藤田です。

コロナが流行し自粛されている方が多いかと思いますが、皆さんお出かけの際の対策は大丈夫ですか?

感染予防のためアルコールでの手指消毒を行うことが増えたと思いますが、適切な方法で使用できていますか?

よく見かけるのは、アルコールを少量だけ出して軽くなじませている方がいます・・・。

実はその方法だとほとんど効果がありません!!

今回は適切なアルコール消毒法についてお話いたします。

続きを読む

アクセス・医院情報

住所: 〒600-8846 京都府京都市下京区朱雀宝蔵町14

電話:075-313-0024

 

詳しいアクセス方法はこちら