院長紹介

「いい病院」って何でしょう?


 こんにちは!院長の林です。

さて、突然の質問ですが、みなさんにとって「いい歯科医院」とはどんな病院ですか?

痛くない・やさしい・家から近い…。

これらもとても大切なことですよね。ですから、私たちも全力で取り組んでいます。

しかし本当の「いい歯科医院」は、これだけでは十分ではないと私たちは思っています。どんなに痛くなくて、どんなに便利な歯科医院でも、それは「そのときだけの良さ」でしかないと思います。

手っ取り早く治すのは簡単?

本当に私たちが目指しているのは「すべての患者さんが、一生自分の歯でおいしく食事できるように、できる限りのサポートをすること」です。

極端なことをいえば、むし歯を手っ取り早く治すには、麻酔をたっぷり使って、その歯を抜いてしまえばいいだけです。でも、できるだけ抜かないように、さまざまな技術や道具を駆使して努力するのは、「ここで歯を抜いてしまったら、この方の人生が変わってしまう」と思うからこそです。

 「食べる」という行為は、 とても大切な生きる楽しみの一つだと思います。もし、硬いいものが食べられなくなってしまったり、味がしなくなってしまったら、これほど悲しいことはないと思います。

だからこそ、わたしたちはお口の健康を守るプロとして、健進会林歯科診療所に来ていただいた皆さんには「一生食べたいものを自由に食べて、 よりよい人生を送っていただきたい!」と心から思っています。

 

悪循環を断ち切りましょう!

わたしたちは、ただ目の前の「歯」だけを診るのではなく、患者さんのその先の「食人生」を考えながら、最善な処置を行うこと。さらには、定期的な予防を通して、いつまでも皆さんと長いお付き合いをしていきたいと考えています。

もちろん、長いお付き合いをしていくためには「信頼関係」が最も大切です。「行動指針」にもあるように、皆さんとのコミュニケーションを重視しているのは、まさにそのためです。

このように、一般の歯科医院に比べると、私たちの医院は多少説明やお話が多いかもしれません。しかし「とりあえず今痛いところを治してそれで終わり。また悪くなったら通院」を繰り返していると、一生自分の歯でおいしく食事することがどうしても難しくなってしまいます。

そんな悪循環を断ち切って、自分は一生おいしく食事をしたいんだ!そう思われる方は是非、健進会林歯科診療所に一度ご来院ください。私たちも精一杯、お口の健康維持のお手伝いをしますので、一緒に二人三脚でがんばっていきましょう!

院長プロフィール

最後に私のプロフィールをご紹介します。

  • 氏名 林 誠司(はやしせいじ)
  • 略歴


平成7年   

日本歯科大学歯学部卒業(特待生)
平成7〜8年 京都府立医科大学歯科研修終了
平成8〜12年 京都府立医科大学助手
平成12〜13年 宇治徳州会病院歯科口腔外科医院
平成13〜15年  医療法人翠生会松本病院歯科医長
平成15〜18年 蘇生会総合病院歯科口腔外科医長
平成18年〜19年 京都府保健福祉部健康増進室医務主管
京都府立医科大学助手
平成19年 京都府立医科大学講師
平成20年 林歯科診療所開業
平成25年 医療法人健進会に法人化
  • 資格・所属団体・学会
  • 趣味
    クラシックカメラ
    音楽鑑賞
    アンティーク家具

  • 抱負

この下京区(下京西部、丹波口・梅小路エリア)で歯科医院3代目の長男として誕生し歯学部を卒業後、高度な歯科医療現場に携わる以外に、最先端の研究に従事するとともに、行政に入って公衆衛生の企画・立案を行うなど、さまざまなキャリアを積んできました。

 

これまでの多種多様な経験を生かして、口の中だけの狭い視野にとらわれず、皆様の身体の健康や生活の質の向上を目指した歯科医療を取り組んでまいります。

 

学会の認定医・専門医の考え方について

昨今、歯科医師の学会の認定医や専門医などについてお問合せいただくことが多くなってきました。

私もかつて、とある学会の認定医を持っていた時期がありますが、現在ではどの学会の認定医・専門医も有しておりません。

 

一般的に学会の認定医や専門医は学会が定める所定の単位をクリアしないと取得・更新ができない仕組みになっています。

ちなみに私自身はキャリアの中で研究生活も長く、大きな学会の単位になる論文作成や学会発表はかなり慣れており、そのような経験の浅い多くの歯科医師より学会の認定医や専門医は取得しやすい状況であります。

しかし認定医・専門医の取得・更新のためには学術大会などの参加が必須になりますが、学会参加するために元来自分が学びたかった研修会などの参加ができなくなることがしばしありました。

学術大会に参加する意義も、自分自身の勉強の要素が徐々に小さくなり、ただ学会の単位を取得するため要素が大きくなってきてしまいました。

また学会によっては大学の医局など特定の組織に属していないと認定医・専門医が取得できないことがあり、これも自身の研修のスケジュールとかち合うことが生じてしまいます。

 

そのため、私にとって学会の認定医や専門医の取得・更新はかえって自分自身の臨床レベル向上の妨げとなってしまったため、これらに関わることは一切やめてしまいました。

 

私はまだまだ歯科医師として多くのことを学んでいかないといけない状況です。ですから当面、学会の認定医や専門医を取得する労をもっと自分自身の臨床レベル向上に充てていく所存です。